FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平飼い」から「放し飼い」烏骨鶏へ

来月、2009年11月出荷分の卵から、当ファーム烏骨鶏卵の表示を、
従来の「平飼い」から、新たに「放し飼い」へ順次ご変更させて頂くことになりました。

烏骨鶏を「平飼い」から「放し飼い」へ
実は今までもずっと、飼育の実態は「放し飼い」だったのですが、
大雨や強風の日などは鶏を外へ出せず、平飼い鶏舎に一日入れたままになる事もありました。
ですので、念には念を入れて、敢えて一歩下がって「平飼い」の表示にて卵を販売させて頂いておりました。

ですが、ここ一年を振り返ってみても、悪天候などで鶏を外へ出せなかった日は10日もなく、
10日以下÷365日で計算しますと、年間の約97.3%以上は放し飼いにしている計算になります。
そのため、今回、より実態に近い品質表示へ改めさせて頂く事にいたしました。

また今まで、時折、お客様から「放し飼いの烏骨鶏卵はありませんか?」とのご質問を頂くこともございましたので、より飼育実態に沿った表示の必要性を強く感じていたと言う事もございます。

つきましては、11月以降の出荷分より、順次、ラベル表示を新しくさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
もちろん価格やパック数は従来どおりのままで、一切のご変更はございません。

併せて、当ブログのサブタイトルも同様に「平飼い」→「放し飼い」へご変更させて頂きますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。



また、当農園ではスタッフも自農園で産まれた烏骨鶏卵を常に食べて、少しでもより美味しい卵を目指して各種研究を続けておりますが、
その研究成果の一つとして今月、2009年10月より、烏骨鶏の飼料(えさ)の配合と素材を一部改良させて頂きました。


a0043.jpg

結果として、今までの「澄んだあっさり系の光り輝く無垢な美味しさ」に、
「甘味のある濃厚なコクとクリアで豊かな旨味」をアップさせる事に成功し、
光輝くピュアさと味の力強さを両立させた「さらに素晴らしい美味しさの卵」が誕生したものと自負しております。


皆様もどうぞこの機会に、「さらに美味しさアップ!」した
桐生うこっけいファームの有精自然卵を是非お試し下さいますようお願い申し上げます。


これからも、お客様の皆様の「安全で美味しい自然卵」ニーズに、より一歩でも近づけますよう、
今後ともさらに一層の努力をしてゆく所存でございます。

  

スポンサーサイト
カテゴリ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別の記事
最新記事
アクセスカウンター
本ブログ内を文字検索
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。