FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖巨大地震に思う

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖巨大地震により、
被災されてしまった皆様ならびにご親族の皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

新聞やテレビで報道を見て、東北地方の想像を大きく超える被災の痛ましい現実に驚きました。
ここ桐生でも震度6弱という未経験の大きな地震でしたが、当農園では建物の外壁に少しの損害が出ただけで済みました。
しかし、東北地方、特に沿岸の街々にとっては巨大地震に加え、巨大津波による被害が甚大になってしまいました。

無数の倒壊家屋や大地を一面に覆う泥の除去には、信じられないような手間と莫大な費用がかかります。
海水を被ってしまった田畑では、今後数年は塩分のせいで作物は育たなくなります。

元気に笑顔で暮らしていた皆様の生命や財産や思い出、長年にわたって営々と積み上げてきたその地域の営み、由緒ある歴史や文化等が、大変残念な事に一瞬にして失われてしまいました。

まさしく、これ以上はない「無念」です。
被災された犠牲者の方々には、重ねて深いお悔やみを申し上げます。


それにしても、1000年に一度といわれるような今回のマグニチュード9.0もの超巨大地震が、多額の予算を注ぎ込んでいる現代の21世紀の地震予知科学を持ってしても、極めて意外にも、その予兆さえまったく予測できなかった現実に驚くとともに、何とも非常に悔しく、あまりにも大変に残念すぎる気持ちです。

日本では、大規模地震対策特別措置法に基づいて、政府機関である気象庁と学会機関である地震防災対策強化地域判定会が予知体制を整えています。
それなのに、果たしてなぜ、今回の超大地震が一切予知できなかったのかと思って確認してみますと、驚く事に、なぜかその調査対象は「東海地震」だけとなっているようです。

日本列島は「地震列島」と言われているように、北から南まで巨大地震の不安があるのに、
東海地域しかモニターしないのは、いかにも不十分な体制です。

また、今回の地震被害に加え、東京電力福島原発の炉心事故により、日本は未曾有の危機に立たされています。
地震から4日経つ本日3月15日でも、事故解決の目処が全く立っていないようにしか見えず、最悪の場合、まさに過去最大の国難事故になる危険性があります。

つまり、万一、このまま最悪のケースに至れば、いわゆる「死の灰」が降る可能性がある訳で、毎日ハラハラ、ビクビクしながら原発事故の状況ニュースを注視しています。

現実に、今日の3月15日、すでに関東の各地で通常時の100~3倍もの多量の放射線量が検出されているそうです。
栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都4県で、調査開始以来、近隣国で核実験があった時などを除くと、過去最大の放射線量を観測したと発表したとのことで、事故の原発から放射能が漏れ出しているのは間違いありません。

その放射能を撒き散らしている東京電力の福島原発の半径30kmの上空については飛行禁止区域となったようです。
ここ群馬県も福島県のすぐお隣りの県ですので、距離も短く、本当に不安でなりません。

そのため当農園の烏骨鶏達も今日は午前中で放し飼いを切り上げ、鶏舎へ非難させました。
それでも鶏舎の開放面から外気は吹き込んでしまいますが。

福島では、すでに東電原発の周囲20km以内が避難指定されたそうで、人間はすべて避難完了したとのことです。
しかし、果たしてその20km以内に、倒壊家屋などの下敷きになって救助を待っている被災者や身寄りのない寝た切りのお年寄りなどは、全くいないのでしょうか???
万一にも、原発の放射能の拡散のせいで十分な捜索をされず、このまま放置されてしまえば凍死や餓死をしてしまう危険性が非常に懸念されます。助かるはずの命が無残にも消えてしまうのです。

また、人間に飼われていた牛や豚や鶏などの家畜や、鎖につながれた犬などのペット、さらに養殖されている魚類等も、このままではおそらく「餓死」して、全て死んでしまう事でしょう。

何とも恐ろしく残酷な事で、ひどく胸が痛みます。


いずれにしても、地震被災地の皆様ならびに東電原発周辺の住民の皆様に、
一日でも早く、安心して過ごせる日が戻る事を心より切にお祈りいたします。



<ご参考>

群馬県内の放射線量や水道汚染の状況
県庁の放射線量計測ページ

全国の一覧版
http://atmc.jp/

全国マップ版
http://radiation.goo.ne.jp/

 
スポンサーサイト
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別の記事
最新記事
アクセスカウンター
本ブログ内を文字検索
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。